305号室のオンナ~ようこそ、極太チ◯ポに孕まされる運命の部屋へ〜|第6話まとめ

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ



前回(第5話)のあらすじ

管理人恭八は夫との交友関係を築き、

ついに正々堂々と305号室に入室する。

 

何もしらない夫は食事と会話を楽しんでいるが、

新妻楓はテーブルの下から電マを渡されて装着するハメに。。

 

すぐ横に座っている夫にバレないように耐えつつも

終いにはイッてしまう新妻楓。

 

そして寝室で夫が寝たタイミングを見計らい、

寝息を立てる夫の真横で恭八に挿入されてしまう。。

 

最初は抵抗していたものの、

徐々にチ◯ポを求めてしまいつつある楓。

 

一体この先どうなってしまうのか。。!?

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ◯ポに孕まされる運命の部屋へ〜 第6話あらすじ

恭八に毎回中◯しされまくっているせいか、

生理の周期がずれてきている人妻楓。

 

確実に妊娠の恐れが這い寄り、

ジワジワとデキちゃったかもしれない不安がこみ上げる。

 

不安や恐怖から楓は証拠隠滅をしようと

夫の性欲を刺激し始めることに。

 

夫が中◯しをしまくるように

テーブルに子育て本を置いてアピールしたり、

イチャイチャする時も夫の股間を刺激した。

 

そして楓の裏事情を知らない夫は性欲を掻き立てられ

楓をベットに誘い始める。

 

「あなた。。♡(楓)」

「ナマで入れるのは緊張するね。。(夫)」

「うん 私も初めてで。。。(楓)」

「でも赤ちゃんのためにがんばろうね(楓)」

 

何も知らない夫は楓が誘うままに挿入する。

 

「はぁああああ♡」

「あぁっ 楓!気持ちいいよ。。。」

 

しかしそこで楓に異変が起こり、

 

(あ、あれ。。。これって入ってる。。。?)

「好きだよ楓。。。っ」

「私もあなたしか見えないよ。。。♡」

(チ◯ポちゃんと入ってた。。。)

(なんか感覚がおかしいのかな?)

 

恭八のサイズで◯されまくってしまったせいで

完全に夫のモノでは満足できなくなってしまった楓。

 

女の本能とカラダはすでに管理人恭八を求めている。。!?

▼本編は下記画像をクリック▼


305号室のオンナ~ようこそ、極太チ◯ポに孕まされる運命の部屋へ〜|第6話感想

はっきり言ってしまうと

今回は完全に予想通りの展開でした☆

 

だって。。。恭八に中◯しされまくってたら

次は妊娠しかないでしょう!!(笑)

 

ただ想像していたシナリオだったからガッカリしたわけではなく、むしろ背徳感を味わいつつ楽しむことができました☆

 

夫のサイズに満足できないため、

腰を振りまくり乱れに乱れる楓がもうとにかくエ◯い。

 

次回はいよいよ最終回です!

どんな結末が待っているのか、このまま読んじゃいます!